お知らせ一覧

256 ~ 270 件目を表示しています。(全368件)

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」のプロジェクト「JINS MEME GAMING(ゲーミング)」の活動の一環として、2017年12月にオープンした会員制ワークスペース「Think Lab(シンク・ラボ)」内に、e-Sportsプロプレイヤーの練習や動画配信に必要な機材を完備したプロジェクトルーム「e-Sports pro player activate room(アクティベートルーム)」を2018年9月6日(木)から展開いたします。

盛り上がりを見せるe-Sportsと深い相関関係のある集中力

2022年アジア競技大会でのメダル種目化が正式決定し、ますます盛り上がりを見せるe-Sports。これに先駆けてJINS MEME GAMING※は、集中力の可視化ができるセンシング・アイウエアJINS MEMEを用いて、トップクラスのe-Sportsプロプレイヤーの対戦時の集中力を可視化し科学的に検証。リラックスした集中が勝敗に影響を与えていることが判明しており、e-Sportsプレイヤーは一般的なアスリート以上に、集中をマネジメントすることが求められています。更に、東京アニメ・声優専門学校と共同で、e-Sportsプロプレイヤーとして強くなるために集中すべきタイミングを明確にするトレーニングプログラムの開発なども行ってきました。
※JINS MEME GAMINGとは:2017年6月に立ち上がったエンターテイメント分野におけるJINS MEME活用の可能性を探るプロジェクト

不足しているプロ達の活動場所

e-Sportsプロプレイヤーの方々と関わるなかで見えてきたのが、最適な練習場所やファンとの交流イベントを行う活動の場が他の競技に比べて圧倒的に足りない、という課題でした。そこでJINS MEME GAMINGは、世界一集中できる環境を目指し“進化し続ける”ワークスペース「Think Lab」内の一部に、協賛しているe-Sportsプロプレイヤーが普段の練習やファンイベントなどで無償で利用できる「e-Sports pro player activate room」の設置を決定。e-Sportsプロプレイヤーに欠かせない“最高の集中空間”を提供いたします。
これにより、マインドアスリートであるe-Sportsプロプレイヤーにとって重要な要素である「集中」に特化した場での練習や、集中力のマネジメントを行うことが可能になります。また今後、同施設でのファンイベントの実施なども予定しております。

e-sportsに関わる各分野の企業と連携し、プロプレイヤーにとって最適な環境を提供

更に本プロジェクトでは、e-Sportsプロプレイヤーへ最適な環境や活動の場を提供したいという想いのもと集まった、e-Sports関連商品を展開する各分野の企業と連携し、ルームの設置だけに留まらず、プロプレイヤーが練習・配信するために最適な設備を装備しています。
PC本体は、「パソコンSHOPアーク」が今回のルームのためにくみあげた特別モデルを設置。また、JINS MEMEで実験を行ない、集中力の向上が確認できた高濃度ビタミンCサプリメント「Lypo-C(リポカプセル)ビタミンC」の導入など、通常のThink Labの環境に加え、プロゲーマーにとって最高の集中環境を実現しています。
今回協賛するプロゲーミングチームは、国内No.1にもなったプレイヤーを抱える国内トップクラスの「SunSister(サンシスター)」と、これからの成長が期待されている「JUPITER(ジュピター)」の2チーム。今後、これらのチームと協業し、集中状態がゲームの勝敗に及ぼす影響について研究するなど、両チームのスキルアップもサポートしていく予定です。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中仁、以下JINS)は、大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボレーションモデル「刀剣乱舞-ONLINE-×BANDAI×JINS」を2018年9月7日(金)10:00からJINSの限定18店舗、JINSオンラインショップ(https://www.jins.com/)、プレミアムバンダイにて期間限定で予約販売を開始します。なお、商品のお渡しは2019年3月頃を予定しています。

ファンからの熱いご要望に応え、新たな8振りの刀剣男士が登場!

「刀剣乱舞-ONLINE-」とは、DMMゲームズとニトロプラスが共同製作したPCブラウザ・スマホアプリゲームであり、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成・強化し、歴史改変を目論む敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲームです。
JINSは、2016年11月に初めて「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボレーション商品を発表し、2017年7月に第2弾を実施。予約販売を開始してから数日で予定販売数を超え、追加受注に至るほど大好評を博しました。「他のキャラクターも欲しい!」というファンの皆様からの熱いリクエストを受け、今回コラボレーション第3弾を実現。新たな8振りの「刀剣男士」をイメージしたメガネをオリジナルデザインで展開します。

刀剣男子の特徴を再現したファン必見のデザイン

今回のキャラクターは、「鶴丸国永(つるまるくになが)」「加州清光(かしゅうきよみつ)」「大和守安定(やまとのかみやすさだ)」「日向正宗(ひゅうがまさむね)」「へし切長谷部(へしきりはせべ)」「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」「蛍丸(ほたるまる)」「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」の8振りを選出。メガネの型も使いやすいウエリントンタイプとスクエアタイプでご用意しました。フレームには各キャラクターの象徴となるカラーを採用することで、それぞれの個性を再現。これまでの人気シリーズと同様に、巻物状にデザインされた特製のオリジナルケースとセリートもご用意。JINSのアイウエアを通じて「刀剣乱舞-ONLINE-」の世界を心ゆくまでお楽しみください。JINSは今後も様々なアイウエアの価値を模索し、提供していきます。

この度、株式会社ジンズが販売する「JINS 花粉CUT JUNIOR」が、第12回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)を受賞いたしました。
キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に創設されました。
「JINS 花粉CUT JUNIOR」は、キッズデザイン賞の「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門」において受賞。深刻な花粉からお子様の眼を守るため、成長過程でも顔にフィットしやすいサイズ設計や、外で動き回る使用シーンを想定し、着用時の安全性を高めるラバー素材のガードを採用するなど、子どもに配慮した商品です。
JINSは、今後もより多くのお客様の人生を豊かにできるような商品やサービスを提供してまいります。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、2018年4月に現在出店している日本、中国、米国、台湾、フィリピンの5地域で500店舗を突破いたしました。また、7月には創業30周年を迎え、日ごろのお客様への感謝の気持ちを込めて、本日8月23日(木)より500店舗突破記念キャンペーンを開催いたします。

業界を席巻してきたJINSが500店舗を達成

JINSは2001年にアイウエア事業に参入し、レンズの追加料金を撤廃した革新的な価格体系や新素材を用いた軽量アイウエア、眼を守るという新しい概念を確立した機能性アイウエアの開発など、お客様の人生を豊かにするため、業界に先駆けた様々な取り組みを行ってきました。多くのお客様に支えられ、現在ではアイウエアの年間販売本数日本一となっております。そして、2010年の中国出店以降、海外へも積極的に出店を行い、2018年4月JINS島忠ホームズ草加舎人店のオープンで世界合計500店舗を達成しました。

JINS店舗でメガネを買うとその場で当たる!

ここまでご愛顧くださったお客様に感謝の気持ちを込めて、本日より国内のJINS店舗にて500店舗突破記念キャンペーンを開催いたします。税抜3,000円以上ご購入いただくと、その場で当たるスピードくじにチャレンジが可能。総勢5,000名様にJTB旅行券やセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」、メガネ券など豪華景品をプレゼントいたします。店舗のくじ券が無くなり次第終了となりますので、お早めにご利用ください。

誰でも参加可能なTwitterキャンペーンも同時開催

さらに、どなたでも参加いただけるTwitterキャンペーンも同時開催いたします。JINS公式アカウント(@JINS_PR)フォローと指定のツイートをリツイートいただくだけで抽選に参加可能。20名様にJINS MEME、はずれてももれなくJINSオンラインショップで使用できるお得なクーポンをプレゼントします。
JINSは今後もMagnify Lifeのビジョンの元、お客様の人生を豊かにする商品の開発やサービスを提供することで、人々のライフスタイルを変え、アイウエア業界に革新を起こし続けてまいります。

弊社倉庫棚卸のため、ご注文いただいた商品の発送は通常よりも多く日数をいただきますので、予めご了承下さいませ。

【2018年8月20日~2018年9月6日にご注文の場合】
通常よりも最大で7営業日程度、多く日数をいただきます。

一部イオンモール内JINS店舗にて『JINS SUMMER SET(夏の福袋)』を数量限定販売いたします。
SUMMER SETには、好きなメガネを選べるお得なメガネ券や、オリジナルデザインの扇子が入っています!
更に、当たりのSUMMER SETにはお得なカラーレンズ券も!ファッションに合わせてお好みのカラーレンズをお選びいただけます。
数量限定ですので、お早めにご来店ください!

■販売期間&販売店舗

2018年8月10日(金)~2018年8月19日(日) 三重県 イオンモール明和店
熊本県 イオンモール熊本店
2018年8月11日(土)~2018年8月15日(水) 北海道 イオンモール旭川駅前店
カテプリ店
青森県 イオンモール下田店
岩手県 イオンモール盛岡店
宮城県 イオンモール石巻店
イオンモール名取店
イオンモール富谷店
秋田県 イオンモール秋田店
山形県 イオンモール天童店
イオンモール三川店
福島県 イオンモールいわき小名浜店


■価格
6,000円+税

■内容
・8,000円+税メガネ券(ご利用可能期間:2018年8月20日(月)~2018年9月30日(日))
・オリジナル扇子
+当たりのSUMMER SETには、3,000円+税カラーレンズ券(ご利用可能期間:2018年8月20日(月)~2018年9月30日(日))も入っています!

※割引やキャンペーンの対象外商品となります
※下記の一部イオンモール内店舗でのみ販売となります。オンラインショップ、他店舗では販売しません

■メガネ券、レンズ券に関する注意事項
※下記の一部イオンモール内店舗でのみ利用可能です。オンラインショップ、他店舗ではご利用できません
※JINS MEME、雑貨小物へのご利用はできません
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません
※釣銭のお返し、現金とのお引き換えはできません

■SUMMER SETメガネ券、カラーレンズ券利用可能店舗

北海道 イオンモール旭川駅前店
カテプリ店
青森県 イオンモール下田店
岩手県 イオンモール盛岡店
宮城県 イオンモール名取店
イオンモール富谷店
イオンモール石巻店
秋田県 イオンモール秋田店
山形県 イオンモール三川店
イオンモール天童店
福島県 イオンモールいわき小名浜店
茨城県 イオンモール水戸内原店
イオンモール下妻店
イオンモール土浦店
群馬県 イオンモール高崎店
イオンモール太田店
埼玉県 イオンモール羽生店
イオンモール川口前川店
イオンレイクタウンKaze店
イオンモール浦和美園店
イオンモール春日部店
千葉県 イオンモール千葉ニュータウン店
イオンモール船橋店
イオンモール成田店
イオンモール幕張新都心店
イオンモール八千代緑が丘店
東京都 イオンモール日の出店
イオンモールむさし村山店
神奈川県 イオンモール大和店
新潟県 イオンモール新発田店
石川県 イオンモール新小松店
山梨県 イオンモール甲府昭和店
長野県 イオンモール佐久平店
イオンモール松本店
岐阜県 イオンモール各務原店
イオンモール大垣店
静岡県 イオンモール浜松志都呂店
イオンモール浜松市野店
愛知県 イオンモールナゴヤドーム前店
イオンモール大高店
イオンモール岡崎店
イオンモール熱田店
イオンモール常滑店
三重県 イオンモール明和店
イオンモール東員店
滋賀県 イオンモール滋賀草津店
京都府 イオンモール京都桂川店
大阪府 イオンモールりんくう泉南店
イオンモール茨木店
イオンモール大阪ドームシティ店
イオンモール堺北花田店
イオンモール四條畷店
兵庫県 イオンモール神戸北店
イオンモール伊丹店
イオンモール伊丹昆陽店
イオンモール姫路大津店
奈良県 イオンモール橿原店
和歌山県 イオンモール和歌山店
鳥取県 イオンモール日吉津店
岡山県 イオンモール岡山店
広島県 イオンモール広島府中店
徳島県 イオンモール徳島店
香川県 イオンモール綾川店
愛媛県 イオンモール今治新都市店
福岡県 イオンモール直方店
イオンモール福岡店
イオンモール筑紫野店
イオンモール大牟田店
イオンモール福津店
熊本県 イオンモール熊本店
宮崎県 イオンモール宮崎店
鹿児島県 イオンモール鹿児島店

2018年9月3日(月)より、レンズ交換券の有効期限をご購入日より6ヶ月間に変更となりますので、お知らせいたします。
変更前までにご購入いただきましたご注文分に関しましては、引き続きご購入日より1年間ご利用いただけます。
なお有効期限は各レンズ交換券に記載しておりますので、ご確認の上期限内にご利用くださいますようお願い申し上げます。

■お問い合わせ

JINS カスタマーサポートセンター
URL:https://www.jins.com/jp/
E-mail:info@jins.com
TEL:0120-588-418 10:00~17:00(土日祝日、年末年始除く)

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、株式会社バンダイ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:川口勝、以下BANDAI)との共同企画により、アイドル育成プロデュースゲーム「あんさんぶるスターズ!」とのコラボレーションモデル「あんさんぶるスターズ!×BANDAI×JINS」を2018年8月3日(金)11:00より、JINSオンラインショップならびにプレミアムバンダイ内ショップ「バンコレ!」にて、8月10日(金)からJINSの一部店舗にて予約販売を開始いたします。商品のお渡しは2019年2月以降順次を予定しています。

300万ダウンロードの人気ゲームとのコラボでアイウエアの幅広い楽しみ方を提案

“Magnify Life(マグニファイ・ライフ)=人々の生活を拡大し、豊かにする”をビジョンに掲げるJINSは、これまで国内外の様々なキャラクターや作品とコラボレーションを行い、アイウエアの幅広い楽しみ方を提案してきました。今回コラボレーションする「あんさんぶるスターズ!」は、ユーザーが男子高校生と共にトップアイドルを目指す、女性向けアイドル育成アプリゲーム。主人公は男子アイドルの育成に特化した、私立夢ノ咲学院「プロデュース科」第一号で初の「女子生徒」。この学院で様々な生徒たちと出会い個性豊かなアイドルたちのプロデュースを通し青春の日々を送っていくストーリーで、Live2D搭載のビジュアルや人気声優を多数起用するなど、育ゲー女子の心をつかみ、リリースから3周年を迎えまだまだ勢いのある人気アプリゲームです。「あんさんぶるスターズ!」の配信開始3周年を記念して、アイウエアにおいてもゲームの世界観が楽しめるコラボレーションアイテムを販売します。

リーダー達のコラボメガネを着用した描き下ろしイラストでお揃いも可能

フレームはベーシックなスクエアとオーバルの2型で、13ユニットをイメージしたカラーを採用。日常生活になじむメガネをコンセプトにデザインしました。テンプル(つる)内側は各ユニットの衣装イメージやモチーフを使った柄をプリントし、特別感を最大限表現できるようこだわりました。また、オリジナルケースはメガネに合わせてユニット毎に異なる13のデザインで展開し、ユニットのモチーフロゴをワンポイントにあしらいました。メガネ拭きは全商品共通のデザイン。各ユニットのイメージカラーを使用し、全ユニットの集大成をイメージしたデザインにしました。いずれもここでしか手に入らないファン必携のアイテムに仕上がりました。更に、描き下ろしイラストをデザインしたオリジナルレンズ交換券付き。本コラボレーションメガネをかけることで自分のお気に入りユニットとのおそろいのコーディネートが楽しめます。
掛けた時はシンプルなアイウエアですが、外から見えにくい所で作品の世界観を感じることができるスペシャルコラボアイテムです。ファッションアイテムとして通学・通勤などのお出掛け時にもご着用いただき、いつもお気に入りのメンバーと一緒にいるような気分をお楽しみください。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、小学生向けプログミング教育事業を展開する株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野 朝大)と、“未来を創造していく子どもたちの眼を守る”ための「見る育(ミルイク)プロジェクト JINS×Tech Kids School」を発足いたします。プロジェクトの一環として「デジタル環境およびICT教育における親の意識調査」を実施しました。
現在、小学校の2020年プログラミング授業の必修化に代表されるように、子どものICT教育*の推進によって教育環境におけるデジタル機器の利用頻度が増加しています。本調査では近年、変化している子どものデジタル環境および教育環境における親の意識を調査しました。

*「ICT教育」は、情報通信技術(ICT)を教育で活用することです。文部科学省では、平成28年文部科学白書で「教育におけるICT(情報通信技術)の活用は、子供たちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や子供たちの主体的・協働的な学びを実現する上で効果的であり、確かな学力の育成に資するものです」として、ICTの活用を推進しています。

■調査結果のサマリー

①ICT教育の変化とデジタル機器の活用状況
・親の時代に1割未満だったICT教育は、現在、3人に1人が受けている。
・学習ツールとしてのデジタル機器利用は今後も上昇が予想される。
・ICT教育実施率は一般と会員で2倍近い差。

②デジタル環境による子どもの健康・発育に対する影響
・半数以上の親が、デジタル環境が子どもの健康・発育に影響あると感じている。
・「眼」への影響を気にする親が最も多く、9割以上。
・デジタル機器使用で訴える不調は「眼」が際立って多い!不調を訴えたのは4割以上。

③デジタル機器使用時の対策意識
・デジタル機器使用時の対策に必要性を感じながらも、対策ができていない親が半数以上。
・子どものデジタル機器使用時の対策意識は、一般と会員では違いが出る結果に。
・医師や専門家、学校関係者からの対策方法の指導を希望する親は、6割以上。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)と、小学生向けにプログラミング教育事業を行っている株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野 朝大)が運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School(テックキッズスクール)」は、”未来を創造していく子どもたちの眼を守る”ための「見る育(ミルイク)プロジェクト JINS×Tech Kids School」を発足いたします。

ICT教育*において眼を守ることの大切さを伝えたい

JINSは、"Magnify Life(マグニファイ・ライフ)=人々の生活を拡大し、豊かにする"というビジョンの元、アイウエアを販売するだけでなく、健康な眼が育まれる社会の実現を目指し様々な活動をしています。
また、CA Tech Kidsは、プログラミングの知識や技術を身につけることをはじめ、設計する力、表現する力、物事を前に進める力などの力を育み、これからの日本の産業を担い、未来を創造する子どもたちを育成、輩出することを目指し活動しています。

近年、子どもたちがパソコンやタブレット、スマートフォンなどのデジタル機器を学習ツールとして使用する機会が増えています。2020年度より小学校でのプログラミング必修化が決定しているなど、今後教育におけるデジタル機器の存在感はますます増えていくと考えられます。子どもたちの眼を取り巻く環境は、これまでの世代と大きく変化していると言えます。
一方、子どもの視力低下は加速しており、2017年12月に文部科学省が発表した2017年度学校保健統計調査によると、小中学生の裸眼視力1.0未満の割合は過去最高になっており、小学生の実に32.46%が裸眼視力1.0未満で、その割合は40年前と比べると2倍近く増えています。
このような背景から、ICT教育に取り組んでいくためには、親や子どもに光や眼についての知識を提供し、眼を守ることの大切さを伝えていくことが不可欠、という2社の想いが一致。この度の共同プロジェクトの発足に至りました。

「デジタル環境およびICT教育における親の意識調査」

共同プロジェクトの具体的な活動として、まずは実態を明らかにしたいとの想いから小学生のお子様を持つ親を対象に、デジタル環境およびICT教育における意識調査を実施いたしました。調査結果からは3人に1人の子どもがICT教育を受けており、9割の親が眼への影響を気にしていること、デジタル機器使用時の対策に必要性を感じながらも、対策ができていない親が半数以上であることなどが分かりました。(※調査の詳細は別紙リリースをご覧ください)

Tech Kids CAMPで「見る育」講座を実施

また、2018年夏にTech Kids Schoolが開催するプログラミング入門ワークショップ「Tech Kids CAMP(テックキッズキャンプ)」内で「見る育講座」を実施します。子どもたちが、プログラミングに取り組むプログラムの中の休憩時間を利用して、眼と光について学ぶ機会を提供。さらに「見る育ハンドブック」を配布し、家に帰って親子でも眼と光について知識を深めることができるようにサポートします。今回の共同調査、および「Tech Kids CAMP」内での「見る育講座」をはじめとして、今後も継続的に活動していく予定です。

*「ICT教育」は、情報通信技術(ICT)を教育で活用することです。文部科学省では、平成28年文部科学白書で「教育におけるICT(情報通信技術)の活用は、子供たちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や子供たちの主体的・協働的な学びを実現する上で効果的であり、確かな学力の育成に資するものです」として、ICTの活用を推進しています

他企業との取組みでさらなる「見る育」の展開を目指すJINS

JINSではこれまでも、将来を担う子どもたちへ向けて「眼に関する正しい知識を伝えること」を目的に、小学校への出張授業や親子向けワークショップを開催するなど、自社で様々な「見る育」の普及活動を行なってきました。
今回のTech Kids Schoolとの協業を皮切りに、さらに多くの子どもたちの健康な眼を育むことを目指し、今後も志を同じくする他企業と協業することも視野に入れ、さらなる活動の推進を目指します。

本取組みにおけるTech Kids Schoolの狙い

Tech Kids Schoolでは、プログラミング言語やスキルを身につけることだけが目的ではなく、テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかけることができる人を育てています。子どもたちがプログラミング学習に取り組む上で、また今後のIT社会を生き抜いていく上でも、デジタル機器の利用は必要不可欠ですが、「デジタル機器の利用が眼や体に悪影響を及ぼすのではないか」という懸念は、多くの保護者様が感じておられることだと思います。Tech Kids Schoolでは、未来を創造していく子どもたちが、今後も健康的に学習を続けるための環境をつくるべく、本取り組みを通じて解決策を提示してまいります。

■キャンペーン概要

JINS公式Twitterアカウント「@JINS_PR」をフォローし、 公式アカウント投稿のキャンペーンツイートをリツイートしてくれた方の中から、 抽選で20名様に映画『センセイ君主』非売品グッズやJINSのメガネと交換できるチケットをプレゼント!

■当選者数

抽選で20名様


■プレゼント内容

・竹内涼真さんサイン入りプレスシート(非売品)1名様
・『センセイ君主』ピンクあゆはのラブ♡パワーキーホルダー(非売品)6名様
・『センセイ君主』プレスシート(非売品)10名様
・JINS メガネ交換チケット3名様

■応募期間

2018年7月26日(木)~2018年8月8日(水)23:59迄

■応募方法

STEP1:JINS公式Twitterアカウント「@JINS_PR」をフォロー
※映画公式Twitterアカウントとは異なりますのでご注意ください。
STEP2:本キャンペーン指定のツイートをキャンペーン期間内にリツイート
以上で応募完了です。
※引用ツイートはご応募となりませんのでご注意ください。

■応募条件

・JINS公式Twitterアカウント「@JINS_PR」をフォローしていること
・指定のツイートをリツイートしていること
・Twitterのアカウントを公開に設定していること
・日本国内にお住まいであること

■当選通知方法

当選された方にJINS公式Twitterアカウント「@JINS_PR」より、Twitterのダイレクトメールにて当選通知をいたします。
あわせて、賞品の配送先登録フォームのURLをご連絡いたします。
なお、JINS公式Twitterアカウントのフォローが解除されていると、当選通知が届きませんので、ご注意ください。
※当選通知は2018年8月頃を予定しております。当選通知後、7日以内に配送先登録フォームへの入力がない場合は当選が無効となりますのでご注意ください。

■個人情報の取り扱いについて

・応募者の個人情報は、当選通知、賞品の発送、賞品の発送についての連絡、本キャンペーンに関する情報提供にのみ利用いたします。当社プライバシーポリシー(https://corp.jins.com/jp/ja/policy/)をあわせてご確認ください。

■注意事項

・13歳未満の方で本キャンペーンに参加をご希望の場合は、保護者の方がご応募ください。
・応募後にTwitterのアカウント名を変更または削除した場合は、当選の権利が無効となります。
・同一人物による複数アカウントでの応募、同一アカウントでの連続応募等、キャンペーン運営上、平等性を欠くような妨害/不正行為と当社が判断した場合、事前予告なく当選を無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンは株式会社ジンズが運営するものであり、Twitter, Inc.またはTwitter Japan株式会社の提供・協賛によるものではありません。
・応募者は、Twitterサービス利用規約を遵守するものとし、自己の責任において本キャンペーンへ参加するものとします。本キャンペーンへの投稿に起因するアカウントの制限または凍結に関して当社は一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンへの応募のためのツイート内容(テキスト及び画像)は、第三者の権利を侵害するまたは公序良俗に反する内容を一切含まないものに限ります。第三者になんらかの損害を与えた場合、応募者は自らの責任において対応しかつ応募者がこれを補償するものとします。また、ツイート内容や投稿の掲載により、第三者との間で紛争が生じた場合は、応募者は応募者の責任と費用により当該紛争を解決するものとします。
・本キャンペーンの応募状況および抽選方法、抽選結果等に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
・希望賞品の選択や、当選賞品の変更には応じかねます。
・当選の権利は当選者ご本人のものとなり、ご家族・ご友人等への譲渡、転売、換金はできません。
・当選通知後7日以内に配送先登録フォームの入力がない場合、入力した情報に不備がある場合、ご住所、転居先が不明等の理由により賞品を配達できない場合には、当選が無効となることがございます。あらかじめご了承ください。
・賞品の配送は、日本国内に限ります。
・同一住所への当選賞品の配送は1点までとさせていただきます。
・配送地域、天候、交通状況、ご不在の場合など、お届けに遅れが生じる場合がございます。
・賞品のネットオークション等での転売および換金は、禁止いたします。
・本キャンペーン及び賞品は、予告なく中止または内容が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねますので、ご了承ください。
・インターネット通信料・接続料は応募者にてご負担ください。

■お問い合わせ

JINS カスタマーサポートセンター
0120-588-418
お問い合わせ営業時間:10:00〜17:00(月〜金)※土日・祝日・年末年始を除く

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、オンライン上で自分だけのオリジナルアイウエアを作成できるパーソナルオーダーサービス「JINS PAINT(ジンズ・ペイント)」(https://www.jins.com/jp/paint/)において、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画を原作とするアニメ「僕のヒーローアカデミア」(以下「ヒロアカ」)とのコラボレーション限定オリジナルパターンの提供を、2018年7月30日(月)11:00より数量限定で開始いたします。

週刊少年ジャンプの人気漫画が原作のアニメ「ヒロアカ」とのコラボアイウエアが登場

JINS PAINTは、フレームの型やベースカラーを選べるのはもちろん、スタンプ機能を使って簡単にオリジナルデザインのメガネがつくれる、世界初(※当社調べ)のメガネのパーソナルオーダーサービスです。自分がデザインしたメガネは、SNS上でシェアすることも可能。これまで国内外の様々なキャラクターや作品とのコラボレーションを行い、単なる視力矯正アイテムだけではないアイウエアの幅広い楽しみ方を提供しています。
今回コラボレーションが実現したアニメ「僕のヒーローアカデミア」は、2014年より週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画が原作。無個性だった主人公が、仲間たちとともに最高のヒーローを目指して成長していくストーリーが多くの共感を呼び、次世代の漫画界を担うであろう作品として注目を集めています。TVアニメは2016年より放送が始まり、現在毎週土曜に読売テレビ・日本テレビ系で第3期が絶賛放送中。さらにこの2018年夏、待望の劇場版が公開。先日米LAでワールドプレミア上映が行われるなど、世界的な人気を博しています。今回のコラボレーションは、初の劇場版上映を記念し、ファンの方により身近に使っていただけるアイテムとして商品化が実現しました。

人気キャラクター9名をデザイン!自分だけの1本にカスタマイズが可能

キャラクター9名のラインアップで展開。主人公の“デク”(緑谷出久)、爆豪勝己、オールマイト(ヤングエイジ)などの人気キャラクターのほか、劇場版オリジナルキャラクターのメリッサもご用意しております。また、メガネスタンプ、サングラススタンプもご用意しており、豊富なバリエーションで展開いたします。
「ヒロアカ」の貴重なプレミアムアイテムとして、ぜひお気に入りキャラクターのアイウエアを手に入れてください。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、高品質の素材と職人技から生まれるアイウエアを取り揃え、カスタマイズにも対応するハイエンド層向けの新業態「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」をスタート。その第1号店として「J of JINS六本木ヒルズ店」(東京都港区)を本日よりオープンしました。

携帯に便利なオリジナルの靴ベラ

オープンを記念して、J of JINS六本木ヒルズ店にて40,000円(税抜)以上お買い上げのお客様に先着でノベルティをプレゼントするキャンペーンを実施します。ノベルティは、メガネフレームに使われる素材で作られたオリジナル携帯用シューホーン(靴ベラ)です。柄の部分はブラックの本革を使用し、「J」の型押しが入った高級感のあるデザイン。かばんやポケットにも入れやすく持ち運びがしやすい小ぶりなサイズで、外出先や旅行先でもスマートに靴を履くことができる便利なアイテムです。(ノベルティはお一人様、お一つまで。無くなり次第終了とさせていただきます。素材や色はお選びいただけません。

贅沢なかけごこちを追求する商品とのパーソナルな出会いを提供

J of JINSは、これまでのJINSのアイウエアに対する知見を集結することで生まれた新業態です。“真価を見抜く、目を持つ人へ。”をコンセプトに、自分自身のスタイルを確立し、「良いモノ」の定義を持っているお客様に対し、その人の人生にとってこれ以上ないと思えるデザインや贅沢なかけごこちのアイウエアを提供したいとの想いから誕生しました。J of JINSというネーミングは、“これまでの知見を集結したJINSの中のJINS”、そして“Japan”の意味が込められており、J of JINSが持つアイデンティティを表現しています。
空間設計は「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO」が手がけ、釘を使わずに高度な技術で組み上げる檜の校倉(あぜくら)造りや左官仕上げの壁を取り入れた空間に仕上げました。凛とした佇まいでブランドコンセプトを体現しています。商品は、“贅沢なかけごこちの追求”を掲げ、J of JINS独自のラインアップを展開します。サービスにおいては、お客様一人ひとりのこだわりに応え、パーソナルな1本との出会いを提供することを重視。じっくりとお客様と対話ができる対面式カウンターでの接客や、鼻パッドのカスタマイズに対応するサービスなどを実施します。

この度の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)により、多くの尊い命が失われたことに深い追悼の意を捧げますとともに、被災されました皆様に対し心よりお見舞い申し上げます。
弊社は平成30年7月豪雨(西日本豪雨)によりJINSのメガネを破損しご不便な思いをされているお客様の一助となるよう、岡山県、広島県、愛媛県内の全店舗にて保証書の有無や保証期間を問わず、破損したJINSのメガネのレンズ・フレームの交換ができるサービスを実施致します。

【対象期間】
8月19日(日)まで

【対象店舗】
岡山県   イオンモール岡山店
  アリオ倉敷店
広島県   紙屋町シャレオ店
  広島本通店
  広島アッセ店
  イオンモール広島府中店
  イトーヨーカドー福山店
  フジグラン神辺店
  ゆめタウン東広島店
  ゆめタウン廿日市店
愛媛県   松山谷町店
  イオンモール今治新都市店
  エミフルMASAKI店

被災地の一日も早い復興を、社員一同心よりお祈り申し上げます。

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、“メガネにもサングラスにもなる”アイウエアとして発売以来好評を博している「JINS Switch(ジンズ・スイッチ)」と、人気セレクトショップ「FREAK’S STORE(フリークス ストア)」(株式会社デイトナインターナショナル 所在地:東京都渋谷区、代表取締役:鹿島研)とのコラボレーションアイテム「FREAK’S STORE×JINS Switch」を2018年7月19日(木)11:00よりJINSオンラインショップにて販売いたします。

新しい生活体験を提案するため、ファッションとアイウエアのブランドが初タッグ!

JINSは、“Magnify Life(マグニファイ・ライフ)=人々の生活を拡大し、豊かにする”をビジョンに掲げています。積極的に楽しむ生活体験者=フリークとしてアメリカンスタイルの楽しみ方を提案するセレクトショップ「FREAK’S STORE」と新しい生活体験を広めていく、という想いが一致し本コラボが実現。
今回コラボアイテムとして選んだ「JINS Switch」は、メガネ本体のフロント部分とプレート(フレームのフロント部分のみ)がマグネットで簡単に着脱可能な“1本でメガネにもサングラスにもなる”新しい生活体験を提案しているアイウエアです。これまで主流だったメガネとサングラスがクリップ式で一体化している機構ではなく、プレートをフレームの上から重ねるだけのシンプルな機構にすることで、クリップ式よりスッキリとしたシルエットが実現し、ファッション高感度なお客様などから好評をいただいております。

プレートを付け替えるだけで全く違うファッションテイストに“着せ替え”られる「JINS Switch」

コラボアイテムはメガネフレームとプレート2種をセットにして販売。マットテイストのボストンプレート(ネイビー)、ウエリントンプレート(カーキ)がセットになったMATTE NAVY&KHAKIと、ボストンプレート(ブラウンデミ)とフォックスプレート(ブラック)がセットになったBROWN DEMI&BLACKを展開します。プレートを付け替えるだけで、全く異なるメガネをしているような“着せ替え感”が楽しめるので、洋服だけでなく、昼と夜、室内と屋外、ビジネスタイムとアフタータイムなど、1日の様々なシチュエーションに合わせてスイッチすることができます。
  本コラボを通じて、「FREAK’S STORE」ファンはもちろん、人と同じもの、トレンドだけでは満足しないファッション感度の高いお客様にもこれまでにない生活体験を提案します。